コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

否さ いやさ

大辞林 第三版の解説

いやさ【否さ】

( 感 )
「いや」を強めていう語。
相手の言葉をおさえて、自分の言おうとすることを述べる時に発する語。 「 -、夕霧を揚詰の客は慥に伊左衛門と聞いて来たわい/歌舞伎・阿波の鳴門」
前言を否定して、言い直す時に発する語。 「おかみさんえ、お富さんえ、-、これお富、久し振りだなあ/歌舞伎・与話情」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

否さの関連キーワードサティ:犬のための本当にぶよぶよした前奏曲/piano solo福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックアフガニスタンの治安維持と国際支援泉佐野市のはだしのゲン回収問題ヨーロッパ自由貿易連合チャーティスト運動ラザリ・イスマイルラーワンディー派謙虚な請願と勧告シュレジエン戦争受刑者の社会復帰府中青年の家事件ブラウン事件判決ラングスドルフハーグ密使事件ホームホスピス日本楽器争議アンドキデスオーコンネル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

否さの関連情報