コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含み資産/含み損・含み益 ふくみしさん/ふくみぞん・ふくみえき

1件 の用語解説(含み資産/含み損・含み益の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

含み資産/含み損・含み益

土地や有価証券など、会社が保有する資産の時価(現時点市場価格)が簿価(帳簿上の金額)を上回った場合、その資産を「含み資産」という。 日本では、決算書上の資産は時価でなく購入時の価格を計上するため、このような差額が生じる。この資産の値上がり益を「含み益」、値下がり損を「含み損」という。 これら含み損益は決算書上には現れないので、現在の会計方式では財務内容が正しく把握できない。この問題に対する国際的な要請を受け時価会計への移行が進められている。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

含み資産/含み損・含み益の関連キーワード含み損益流動資産金融資産当座資産実物資産収益資産運用資産SPC・特別目的会社特定目的会社(SPC)投資有価証券

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone