コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹割ノ滝 ふきわりのたき

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕吹割ノ滝(ふきわりのたき)


吹割ノ滝(ふきわれのたき)

〔群馬県〕吹割ノ滝(ふきわれのたき)


群馬県北東部、利根(とね)川支流の片品(かたしな)川にある滝。落差7m。川床にある幅30mの岩盤の割れ目に流水が落下する。吹割渓(ふきわれけい)ならびに吹割瀑(ふきわればく)の名で国の名勝・天然記念物に指定。「日本の滝百選」に選定。周囲を遊歩道が巡る。下流約4kmに老神(おいがみ)温泉がわく。「ふきわりのたき」とも読む。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android