吾妻・吾嬬(読み)あずま

精選版 日本国語大辞典「吾妻・吾嬬」の解説

あ‐ずま ‥づま【吾妻・吾嬬】

〙 わがの妻。
古事記(712)中「其の坂に登り立ちて、三たび歎かして、『阿豆麻(アヅマ)波夜(はや)〈阿より下の五字は音を以ゐよ〉』と詔云(の)りたまひき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android