コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉海軍工廠

1件 の用語解説(呉海軍工廠の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

呉海軍工廠

1903(明治36)年、呉海軍造船廠と呉海軍造兵廠を統合して設立。砲熕(ほうこう)、水雷、電気、造船、潜水艦を含む14部・5実験部などがあった。日本一海軍工廠で、最盛期は10万人以上が生産に従業し、戦艦大和や様々な特攻兵器をつくった。近隣の呉市広地区には21(大正10)年、広支廠が設けられ、2年後に広海軍工廠として分離独立。45(昭和20)年6月下旬、広工廠は第11航空廠に合併された。約5万人が生産に従事したという。

(2008-06-21 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉海軍工廠の関連キーワード船廠呉海軍刑務所呉鎮守府黒川勇熊小山吉郎鈴木圭二辰巳一種子田右八郎福田馬之助山口辰弥

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呉海軍工廠の関連情報