コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉空襲と警報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

呉空襲と警報

米国との開戦を前に、1941(昭和16)年11月に呉軍港と山口・徳山要港の防備をかねて呉海軍警備隊が発足し、高角砲の増設に力を入れた。空襲に備えた警戒用サイレンは、海軍のほか呉市役所や国民学校に設置。警戒警報の発令後、断続的にサイレンが鳴ると空襲警報で、市民は防空壕(ごう)などに避難した。呉空襲は45年3月から7月にかけてあり、呉市戦災復興誌によると主要な空襲の死者は計2071人。

(2008-04-20 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

呉空襲と警報の関連キーワード清水宏近衛文麿内閣マキノ雅広スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉レジスタンス文学[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android