コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉空襲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

呉空襲

呉地区の空襲は、市街地が炎上した45年7月1~2日を中心に同年3月19日から同7月28日まで計14回あり、呉市史や県警察史などによると犠牲者は軍関係を除いて約2千人とされる。同5月5日に広地区の広工廠と第11航空廠、同6月22日に呉海軍工廠が主目標になり、それぞれ壊滅状態となった。呉海軍警備隊の戦闘詳報によると、呉工廠の空襲は午前9時半すぎから1時間余り続いた。当時、「挺身隊、動員学徒、その他の女子工員約2万名をふくめ10万8000名」が従事していたという。

(2008-06-22 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

呉空襲の関連キーワード呉海軍刑務所呉空襲と警報

呉空襲の関連情報