コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉空襲

1件 の用語解説(呉空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

呉空襲

呉地区の空襲は、市街地が炎上した45年7月1~2日を中心に同年3月19日から同7月28日まで計14回あり、呉市史や県警察史などによると犠牲者は軍関係を除いて約2千人とされる。同5月5日に広地区の広工廠と第11航空廠、同6月22日に呉海軍工廠が主目標になり、それぞれ壊滅状態となった。呉海軍警備隊の戦闘詳報によると、呉工廠の空襲は午前9時半すぎから1時間余り続いた。当時、「挺身隊、動員学徒、その他の女子工員約2万名をふくめ10万8000名」が従事していたという。

(2008-06-22 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呉空襲の関連情報