呑竜・吞竜(読み)どんりゅう

大辞林 第三版の解説

どんりゅう【呑竜・吞竜】

1556~1623) 安土桃山時代・江戸初期の浄土宗の僧。武蔵の人。増上寺などに学び、徳川家康の知遇を得て各地に寺を建立。上野こうずけ国太田の大光院の開基。この地方の堕胎の風習を悲しみ赤子を育てたので、「子育て吞竜」と呼ばれたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android