コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周徳 しゅうとく

1件 の用語解説(周徳の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

周徳

室町後期の臨済宗の画僧。号は惟馨。はじめ山城東福寺、のち周防山口の雲谷庵に住す。雪舟に師事し、山水・人物を能くした。永享年間(1428~1441)に活躍。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周徳の関連キーワード真巌宗乗正韵拙叟宗益淡海昌敬東海宗朝文室宗周楊門済家惟馨周徳等本

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周徳の関連情報