コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周産期医療施設

1件 の用語解説(周産期医療施設の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

周産期医療施設

産科と小児科が連携し、妊娠22週以上生後1週未満の母子に対し、総合的に対応できる施設。NICU(新生児集中治療室)の病床を9床以上備える「総合周産期母子医療センター」とそれに準じた「地域周産期母子医療センター」を都道府県が指定する。「総合センター」は合併症のある妊娠や切迫流産など危険性が高いお産を、「地域センター」は比較的高度なお産を扱う。厚生労働省は都道府県に対し、産科医不足に対応するため、必要性も含め、産科施設の集約化計画について取りまとめをするよう求めている。集約化が進めば、総合周産期母子医療センターに危険性の高い出産が集中する一方で、妊婦が通常分娩できる施設が少なくなる可能性があると、指摘されている。

(2007-01-19 朝日新聞 朝刊 茨城首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周産期医療施設の関連キーワード周産期ペリネイタルビジット死産小児科産科小児科医小児医療の集約化斎藤文雄竹内薫兵日比逸郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周産期医療施設の関連情報