周 襄吉(読み)シュウ ジョウキチ

20世紀日本人名事典の解説

周 襄吉
シュウ ジョウキチ

昭和期の洋画家



生年
明治40(1907)年5月12日

没年
昭和53(1978)年4月25日

出生地
愛媛県今治市一番町

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)西洋画科〔昭和5年〕卒

経歴
昭和2年二科展に初入選、4年山口薫らと春秋会を興す。6〜13年松竹映画会社で美術監督もつとめる。この間にも二科会への出品を続け、戦後は一時自由美術展に出品するが、25年モダンアート協会創立に参加し同展に出品。40年代には欅会、丘蒼会にも出品した。33〜48年文化学院美術科講師。大胆な筆致で表現主義的な抽象画を描いた。代表作に「砂漠の護摩」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android