呪う・詛う(読み)のろう

大辞林 第三版の解説

のろう【呪う・詛う】

( 動五[四] )
〔「告る」に継続の助動詞「ふ」の付いた「のらふ」の転〕
恨みのある人などに不幸な事が起こるように神仏に祈る。また、そのようなことを心の中で願う。 「人を-・う」 「汝、牛を-・ひて殺せり/霊異記 上訓注
強くうらむ。 「世を-・う」 「我が身の不運を-・う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android