呪う・詛う(読み)のろう

大辞林 第三版の解説

のろう【呪う・詛う】

( 動五[四] )
〔「告る」に継続の助動詞「ふ」の付いた「のらふ」の転〕
恨みのある人などに不幸な事が起こるように神仏に祈る。また、そのようなことを心の中で願う。 「人を-・う」 「汝、牛を-・ひて殺せり/霊異記 上訓注
強くうらむ。 「世を-・う」 「我が身の不運を-・う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android