呼び屋・呼屋(読み)よびや

大辞林 第三版の解説

よびや【呼び屋・呼屋】

海外の芸能人などと交渉して国内での興行を契約するのを職業とする人の俗称。
江戸時代、京坂地方の遊里で、下級の遊女を迎えるための茶屋。官許の遊里では、囲い女郎を迎えるものをいい、岡場所では大茶屋以外のすべての茶屋をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android