コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

命名権ビジネス

1件 の用語解説(命名権ビジネスの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

命名権ビジネス

大型運動施設にスポンサー企業の名前をかぶせる「命名権ビジネス」は70年代に米国で生まれ、大リーグの球場などで盛んになった。日本では、東京都の第三セクターが経営する「東京スタジアム」(東京都調布市)が03年3月、12億円の契約で5年間「味の素スタジアム」と命名されたのが先駆け。神戸市の「グリーンスタジアム神戸」は03年4月から「ヤフーBBスタジアム」に、05年2月から「スカイマークスタジアム」にと、2度名前を変えた。「大阪ドーム」は昨年7月から、5年間の契約で「京セラドーム大阪」と改称されている。

(2007-09-22 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

命名権ビジネスの関連キーワードスポンサースポンサー活動スポンサーシップコンテンツ・スポンサー活動コンビナートスポンサースポンサードネットワークナショナルスポンサーローカルスポンサーイベント・スポンサーシップスポンサーシップ制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

命名権ビジネスの関連情報