コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

命名権事業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

命名権事業

公共施設に企業が宣伝効果を期待して名前をつけ、施設所有者は対価を受け取って運営費などにあてる。国内の公共施設では、2003年に東京都の東京スタジアム(味の素スタジアム)に導入されたのが始まり。当初はスポーツ施設が多かったが、歩道橋(大阪府)や道路(静岡県磐田市)、トイレ(東京都渋谷区)、民間では商店街(沖縄県石垣市)にも広がっている。

(2010-04-30 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android