コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

命名権事業

1件 の用語解説(命名権事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

命名権事業

公共施設に企業が宣伝効果を期待して名前をつけ、施設所有者は対価を受け取って運営費などにあてる。国内の公共施設では、2003年に東京都の東京スタジアム(味の素スタジアム)に導入されたのが始まり。当初はスポーツ施設が多かったが、歩道橋(大阪府)や道路(静岡県磐田市)、トイレ(東京都渋谷区)、民間では商店街(沖縄県石垣市)にも広がっている。

(2010-04-30 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

命名権事業の関連キーワードクチコミ効果逆宣伝当て込む裏目に出る逆効果公共施設捨金公共施設の禁煙キネトン鼻革 (Kineton noseband)コンビネーション・マルタンガール (combination martingale)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

命名権事業の関連情報