和やか・柔やか(読み)にこやか

精選版 日本国語大辞典「和やか・柔やか」の解説

にこ‐やか【和やか・柔やか】

〘形動〙 (「やか」は接尾語)
① ものやわらかなさま。しとやかなさま。にこよか。
書紀(720)雄略七年是歳(図書寮本訓)「天下の麗(かほよき)人はが婦に若くは莫し。茂(こまやか)に綽(さはやか)にして(もろもろ)の好(かほ)備れり。曄(あからか)に温(ニコヤカ)に、種(くさくさ)の相(かたち)足れり」
※評判記・満散利久佐(1656)薩摩「底心かしこく、をしだまりて、にこやかにみゆ」
② なめらかなさま。
※大唐西域記長寛元年点(1163)三「其の窣堵波の基の下(もと)に石有り。色黄白を帯びたり。常に津(うる)ひ膩(ニコヤカナル)こと有り」
③ 建築物などが立派で美しいさま。
※大唐西域記長寛元年点(1163)五「城の中に天祠有り。瑩飾(かざれ)ること輪奐(ニコヤカナリ)
④ 心から嬉しそうなさま。にこにこしているさま。にこよか。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉八「甲野さんが問ひ懸けられた時、囅然(ニコヤカ)糸子の顔は揺(うご)いた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android