コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和・熟 にき

大辞林 第三版の解説

にき【和・熟】

〔中世以降は「にぎ」〕
名詞の上に付いて接頭語的に用いて、詳しい、柔らかな、細かい、穏やかな、などの意を表す。にこ。 「 -たえ」 「 -て」 「 -みたま」

にぎ【和・熟】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報