コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和字古今通例全書 わじここんつうれいぜんしょ

大辞林 第三版の解説

わじここんつうれいぜんしょ【和字古今通例全書】

仮名遣い書。八巻。橘成員たちばななりかず著。1696年刊。契沖の「和字正濫鈔」を難じ、行阿の「仮名文字遣」を範として旧来の定家仮名遣いの立場に基づく仮名遣いを主張する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和字古今通例全書の関連キーワード定家仮名遣い仮名文字遣和字正濫鈔仮名遣い契沖

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android