和島[村](読み)わしま

世界大百科事典 第2版の解説

わしま【和島[村]】

新潟県中部,三島(さんとう)郡の村。人口5232(1995)。東頸城(ひがしくびき)丘陵北端にあたり,西は日本海に面する。中央部を島崎川が貫流し,これに沿ってJR越後線,国道116号線が通じる。1307年(徳治2)日蓮の高弟日昭を開基とする妙法寺が建立され,北越布教の中心地となった。近世には,島崎川改修により新潟~柏崎間の物資輸送の要路として栄えた。米作が主で,東西の丘陵部で季節風がさえぎられることから,早場米の産地として知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android