和歌山大空襲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

和歌山大空襲

1945年7月9日午後11時36分から10日午前2時半までの約3時間、米軍は和歌山市全域に無数の焼夷弾を落とした。犠牲者は少なくとも死者1101人、負傷者4438人にのぼる。市の象徴だった和歌山城天守閣一夜で焼け落ちた。

(2017-07-08 朝日新聞 朝刊 和歌山全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和歌山大空襲の関連情報