コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和歌山官製談合事件

1件 の用語解説(和歌山官製談合事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

和歌山官製談合事件

和歌山県が04年に入札を実施したトンネル道路改良工事など3件を巡り、ゼネコン3社のJVに受注させたとして、当時の木村知事と出納長、ゴルフ場経営会社元代表、ゼネコン幹部らが競売入札妨害容疑で逮捕された。前知事は元代表が業者選定に関与できるよう便宜を図った見返りに1千万円を受領したとして収賄容疑でも逮捕され、懲役3年執行猶予4年、追徴金1千万円の有罪判決が確定。ゼネコン側は前知事らの公判で談合が認定された工事3件ついて、県に約3億6千万円の賠償金を支払っている。

(2011-03-25 朝日新聞 夕刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和歌山官製談合事件の関連キーワード海底トンネル関門トンネル和歌山県知事逮捕タイムトンネルトンネル栽培シールドトンネル新丹那トンネル雪避けトンネル和歌山県発注工事をめぐる談合・汚職事件和歌山談合事件

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone