コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和歌山市のカレー毒物混入事

1件 の用語解説(和歌山市のカレー毒物混入事の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

和歌山市のカレー毒物混入事

98年7月25日、和歌山市園部の第14自治会主催の夏祭りで、猛毒のヒ素が入れられたカレーを食べた自治会長の男性(当時64)、同副会長の男性(同53)、高校1年の女子生徒(同16)、小学4年の男児(同10)の4人が翌日昼前までに死亡、63人が急性ヒ素中毒になった。和歌山県警は同年10月、保険金詐取目的で知人男性にヒ素を摂取させたとする殺人未遂容疑などで元保険会社営業職員の林真須美被告(47)を逮捕。同年12月、夏祭りのカレーにヒ素を入れたとする殺人容疑などで再逮捕した。和歌山地裁は02年12月に死刑判決を言い渡し、05年6月の大阪高裁もこれを支持。林被告は一貫して否認しており、最高裁に上告した。

(2008-07-24 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和歌山市のカレー毒物混入事の関連キーワード和歌山市和歌山県立医科大学和歌山大学和歌山市のカレー毒物混入事件カレー毒物混入事件JR紀勢線遠藤慎司志賀法立正辻野惣兵衛津村重兵衛

和歌山市のカレー毒物混入事の関連情報