和歌山県新宮市(読み)しんぐう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕新宮〈市〉(しんぐう〈し〉)


和歌山県南部にある市。
熊野川に沿い、北部で奈良県、北東部で三重県に接する。両県に挟まれた飛び地がある。2005年(平成17)10月、旧・新宮市と東牟婁(ひがしむろ)郡の熊野川町が合併して成立。旧・新宮市は国指定史跡の熊野三山の一つ、熊野速玉(はやたま)大社の門前町で、熊野川流域の木材集散地としても栄えた。製材・製紙業が盛ん。三輪崎漁港では小規模ながら沿岸漁業が営まれ、農業では野菜栽培と肉牛・乳牛飼育が行われる。熊野川流域は吉野熊野国立公園に属し、瀞(どろ)峡や瀞八丁(国の特別名勝かつ天然記念物に指定)は代表的な景勝地。浮島の森は寒帯・暖帯の植物が混生し、新宮藺沢(しんぐういのそ)浮島植物群落として国の天然記念物に指定。徐福公園がある。熊野速玉大社・神倉(かんのくら)神社などは熊野参詣道中辺路(国の史跡に指定)に含まれ、紀伊山地の霊場と参詣道としてユネスコの世界遺産に登録されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和歌山県新宮市の関連情報