和歌山県有田郡有田川町(読み)ありだがわ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕有田川〈町〉(ありだがわ〈ちょう〉)


和歌山県中北部にある町。有田(ありだ)川中流域に位置する。有田郡
2006年(平成18)1月、有田郡の吉備町・金屋町・清水町が合併して成立。北は長峰山脈、東は紀伊山地、南は白馬(しらま)山脈と、三方を山に囲まれており、森林面積は町域の7割以上。JR紀勢本線、阪和自動車道などが通じる。林業とミカン・ハッサクなど柑橘(かんきつ)類、ブドウノ・花卉(かき)栽培が盛ん。有田みかん・サンショウを特産。西の平野部には電機・機械などの工場もある。明恵上人(みょうえしょうにん)は当地の生まれで、関連遺跡は国の史跡に指定されている。飯尾宗祇(いいおそうぎ)もこの地の出身とされる。生石(おいし)高原はススキの名所で、日本の棚田百選に選定されたあらぎ島がある。しみず温泉、二川温泉などの温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

和歌山県有田郡有田川町の関連情報