コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和歌山県東牟婁郡串本町 くしもと〈ちょう〉

1件 の用語解説(和歌山県東牟婁郡串本町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕串本〈町〉(くしもと〈ちょう〉)


和歌山県および本州最南端にある町。東牟婁(ひがしむろ)郡
2005年(平成17)4月、西牟婁郡の串本町と東牟婁郡の古座町が合併して成立。潮岬(しおのみさき)と沖合いの紀伊大島は、くしもと大橋で結ばれる。周辺は吉野熊野国立公園に属する景勝地で、南紀観光の一大拠点。橋杭岩(はしぐいいわ)は国の天然記念物かつ名勝に指定。遠洋・沿岸漁業と水産加工業、ポンカン・花卉(かき)の栽培が盛ん。旧・古座町は古くから木材の集散地として知られ、製材も行われる。また串本沿岸海域は、2005年にラムサール条約登録湿地に認定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和歌山県東牟婁郡串本町の関連キーワード潮岬那智和歌山県和歌山県立医科大学おくとろ近鉄百貨店 和歌山店なちわかちゃん和歌山県民文化会館和歌山タカシマヤ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和歌山県東牟婁郡串本町の関連情報