和歌山県橋本市(読み)はしもと〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕橋本〈市〉(はしもと〈し〉)


和歌山県北東端にある市。
紀ノ川中流域に位置し、北部は大阪府に接する。2006年(平成18)3月、旧・橋本市と伊都(いと)郡の高野口町が合併して成立。中心部は古くから高野街道と大和街道の交点、紀ノ川水運の河港として発展。塩の市としても栄えた。近年は大阪大都市圏のベッドタウンとなっている。西部の高野口地区は高野山への登山口。富有柿(ふゆうがき)・ブドウ栽培が盛んで、鶏卵の生産は県内有数。パイル織物を中心とする繊維・窯業などの工場がある。地場産業のへら竿(ざお)製造は全国シェアの9割を占める。隅田八幡(すだはちまん)神社に伝わる人物画象鏡は国宝に指定。日本女性初のオリンピック金メダリストである水泳選手・前畑秀子(まえはたひでこ)の出生地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和歌山県橋本市の関連情報