コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和歌山県海南市 かいなん〈し〉

1件 の用語解説(和歌山県海南市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕海南〈市〉(かいなん〈し〉)


和歌山県北西部の市。
和歌山市の南に隣接し、紀伊水道に臨む。2005年(平成17)4月、旧・海南市と海草郡の下津町が合併して現在の姿となる。中世は熊野街道の要衝、近世は黒江塗の漆器や和傘の産地、港町として栄えた。紀州漆器は国の伝統的工芸品に指定。ビワ・ミカンなどの栽培が盛ん。特定重要港湾和歌山下津港の下津港区には第二次世界大戦前に石油精製工場が設置され、石油基地として発展。海南港の埋め立て地に鉄鋼・石油などの工場や火力発電所が操業する。紀伊徳川家菩提寺の長保(ちょうほう)寺があり、本堂などが国宝に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和歌山県海南市の関連キーワード和歌山県和歌山市和歌山県立医科大学和歌山大学和歌山近鉄百貨店 和歌山店わかちゃん和歌山県民文化会館和歌山タカシマヤ志賀法立正

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和歌山県海南市の関連情報