和歌山県紀の川市(読み)きのかわ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕紀の川〈市〉(きのかわ〈し〉)


和歌山県北部にある市。
紀ノ川流域に位置する。2005年(平成17)11月、那賀(なが)郡の打田町、粉河町、那賀町、桃山町、貴志川町が合併して成立。モモ・ミカン・イチゴなど果物の栽培が盛ん。粉河寺(こかわでら)(庭園は国指定名勝)、紀伊国分寺跡(国指定史跡)がある。紙本著色粉河寺縁起(えんぎ)と鞆淵八幡(ともぶちはちまん)神社の沃懸地螺鈿金銅装神輿はいずれも国宝に指定。江戸時代後期の医者華岡青洲(はなおかせいしゅう)の生地で、診療所兼学塾であった春林軒を復元・公開している。桃山地区は江戸時代からモモの栽培で知られ、広大な桃畑の広がる桃源郷がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サマータイム

夏時間。 summer timeは和製語で,欧米では daylight saving timeという。夏季の一定の期日を限り,日中の時間をより有効に使うため,標準時間より1時間ないし2時間時計を進める...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和歌山県紀の川市の関連情報