和歌山県西牟婁郡白浜町(読み)しらはま〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕白浜〈町〉(しらはま〈ちょう〉)


和歌山県南部にある町。日置(ひき)川河口部で太平洋に臨む。西牟婁(にしむろ)郡
2006年(平成18)3月、同郡の旧・白浜町と日置川町が合併して現在の姿となる。JR紀勢(きせい)本線が通じ、南紀白浜空港がある。茶・ウメを栽培し、日置川地区では林業・製材業が盛んなほか紀州備長炭(びんちょうたん)を産する。海岸部ではハマチなどの養殖漁業と沿岸漁業が行われる。奈良時代から牟婁(むろ)の湯として知られる湯崎温泉および白浜温泉を中心とした、関西を代表する温泉観光地。円月島(高島)、いずれも国指定天然記念物の白浜の化石漣痕(かせきれんこん)・白浜の泥岩岩脈(でいがんがんみゃく)、千畳敷などの海岸景勝や、アドベンチャーワールド、紀州博物館、白浜エネルギーランドなどレジャー施設が多く、一年を通じて行楽客でにぎわう。熊野古道として知られる国指定史跡の熊野参詣道大辺路(おおへち)はユネスコの世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道に含まれる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android