コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田 小六 ワダ コロク

20世紀日本人名事典の解説

和田 小六
ワダ コロク

大正・昭和期の航空工学者 東京工業大学学長;東京帝大航空研究所長。



生年
明治23(1890)年8月5日

没年
昭和27(1952)年6月11日

出生地
東京市赤坂区(現・東京都港区)

旧姓(旧名)
木戸

学歴〔年〕
東京帝大工科大学院造船学科〔大正4年〕卒

学位〔年〕
工学博士〔昭和2年〕

経歴
木戸幸一の実弟、祖父孝允の実家和田家を継いだ。大正7年東京帝大助教授となり、欧米留学の後、13年教授。昭和2年「不等空気速度ノ測定ニ就テ」の研究で工学博士。6年飛行機の翼・装置に関する発明により恩賜発明奨励金を受けた。7年東京帝大航空研究所長となる。13年和田らの指導で作られた航研機が世界最長距離飛行記録を樹立した。日本航空学会会長、17年技術院次長を経て19年東京工業大学学長に就任。戦後21年旧来の大学の学科制度の廃止を打ち出し、日本の工学教育に新しい道を開いた。また学術研究会議会員、科学審議会委員、研究動員会議会員なども務めた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

和田 小六 (わだ ころく)

生年月日:1890年8月5日
大正時代;昭和時代の航空工学者
1952年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

和田 小六の関連キーワードリリエンソール盜まれた恋農民文学昭和時代生年月日横田成年木村秀政和田昭允TVA旧名

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和田 小六の関連情報