和田 英作(読み)ワダ エイサク

20世紀日本人名事典の解説

和田 英作
ワダ エイサク

明治〜昭和期の洋画家 東京美術学校名誉教授。



生年
明治7年12月23日(1874年)

没年
昭和34(1959)年1月3日

出身地
鹿児島県垂水市

学歴〔年〕
明治学院〔明治24年〕中退,東京美術学校西洋画科選科〔明治30年〕卒

主な受賞名〔年〕
文化勲章〔昭和18年〕,文化功労者〔昭和26年〕

経歴
曽山幸彦、原田直次郎に洋画を学び、明治27年黒田清輝に師事する。29年白馬会創立に参加。同年東京美術学校西洋画科創設の際、助教授を命ぜられたが、辞して西洋学科選科に編入し、30年修了。卒業制作「渡頭の夕暮」は33年パリ万博に出品、受賞。32年から36年にかけてフランス留学をし、ラファエル・コランの指導を受ける。帰国後、東京美術学校教授に就任。大正8年帝国美術院会員となり、昭和7年東京美術学校長、9年帝室技芸員、10年帝国美術院付属美術研究所長、11年校長を歴任。18年文化勲章受章。28年日本芸術院第一部長。他の代表作に「こだま」「おうな」「H氏夫人肖像」「チューリップ」「黄衣の少女」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

和田 英作 (わだ えいさく)

生年月日:1874年12月23日
明治時代-昭和時代の洋画家。東京美術学校教授
1959年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android