和達 清夫(読み)ワダチ キヨオ

20世紀日本人名事典の解説

和達 清夫
ワダチ キヨオ

昭和・平成期の地球物理学者 環境庁顧問;元・埼玉大学学長;元・気象庁長官。



生年
明治35(1902)年9月8日

没年
平成7(1995)年1月5日

出生地
愛知県名古屋市

出身地
東京

別名
筆名=西須 諸次(サイス モロジ)

学歴〔年〕
東京帝国大学理学部物理学科〔大正14年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔昭和7年〕

主な受賞名〔年〕
日本学士院恩賜賞〔昭和7年〕,文化功労者〔昭和46年〕,勲一等瑞宝章〔昭和47年〕,NHK放送文化賞(第27回)〔昭和51年〕,アメリカ地震学会1980メダル〔昭和56年〕,交通文化賞(第29回)〔昭和57年〕,文化勲章〔昭和60年〕,東京都名誉都民〔昭和60年〕

経歴
中央気象台に入り、地震計測、調査、研究に当る。昭和22年同気象台長に。27年気象業務法の施行を進める。31年中央気象台は昇格して気象庁となり、初代長官に就任。35年日本学術会議会長。38年気象庁退官後、国立防災科学技術センター所長を経て41〜47年埼玉大学長。49年日本学士院院長。43〜63年中央公害対策審議会会長。いまでも、資源調査会、防災会議、地震部会、環境に関する会、南極の会などに広く関係している。60年文化勲章受章。著書に「地球と人」「沈まぬ都会」「地震の顔」「青い太陽」「地震」など。また、アララギ派の歌人でもある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

和達 清夫 (わだち きよお)

生年月日:1902年9月8日
昭和時代;平成時代の気象学者。環境庁顧問;埼玉大学学長
1995年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報