哥倫比亜(読み)コロンビア

大辞林 第三版の解説

コロンビア【哥倫比亜】

◇ 南アメリカ北部、太平洋とカリブ海に面する共和国。1819年スペインから独立。コーヒー・バナナ・石油を産する。住民はメスティソが多い。大部分がカトリック教徒。主要言語はスペイン語。首都ボゴタ。面積113万9千平方キロメートル。人口4560万( 2005)。正称、コロンビア共和国。 〔「哥倫比亜」とも当てた〕
で産するコーヒー豆の銘柄。香りが高く、まろやかな風味を特徴とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android