コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哥沢芝金(初代) うたざわ しばきん

2件 の用語解説(哥沢芝金(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

哥沢芝金(初代) うたざわ-しばきん

1828-1874 幕末-明治時代のうた沢節演奏家。
文政11年生まれ。御家人の子で,歌沢笹丸のもとで歌沢一派の樹立につとめる。笹丸の没後,歌沢2代家元をついだ初代歌沢相模(さがみ)からはなれ,芝派をおこす。文久元年受領して哥沢土佐太夫を名のった。明治7年8月27日死去。47歳。本名は柴田金吉

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

哥沢芝金(初代)

没年:明治7.8.27(1874)
生年:文政11(1828)
幕末・明治初期の哥沢開祖。江戸高砂町に住む御家人柴田弥三郎の3男で,名は金吉。端唄を愛好して歌沢笹丸を取り巻くひとりとなり,本名に寄せて芝金を通称にした。歌沢の樹立に力を貸したが,笹丸の死後は歌沢の「歌」を「哥」に改めて一派を立て,文久1(1861)年哥沢土佐太夫と名乗った。明治3(1870)年,哥沢芝右衛門の名で劇場へ出演し,中村座の「梅暦辰巳園」ほか数回出演して自流の伸長を図った。端唄に比べて哥沢のふしが長いのは,芝居出演が一因となっているのかもしれない。<参考文献>山崎青雨『うた沢通・うた沢大全』

(倉田喜弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

哥沢芝金(初代)の関連キーワード鳥居清次中村淡水岡田芝斎高砂族議官哥沢芝金(2代)哥沢芝金(3代)哥沢芝金(4代)哥沢芝金(5代)米山鼎峨

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone