コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲西〈町〉 てっせい〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕哲西〈町〉(てっせい〈ちょう〉)


岡山県北西部、高梁(たかはし)川支流の神代(こうじろ)川流域に存在した町。阿哲(あてつ)郡。
2005年(平成17)3月、合併のため廃止。⇒新見市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

哲西〈町〉の関連キーワード鯉が窪湿原資料館岡山県新見市川上 貫一杉 栄三郎三光正宗大佐神郷三光哲西哲多

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android