コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐小豆・相思子 とうあずき

大辞林 第三版の解説

とうあずき【唐小豆・相思子】

マメ科のつる性常緑木本。アフリカ原産。茎は長さ3メートル 内外となり、羽状複葉を互生。花は赤・紫など。扁平な豆果を結ぶ。種子は赤色で一端が黒い。美しいのでビーズなど装飾用とされる。また、毒性があり毒矢に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

唐小豆・相思子の関連キーワード羽状複葉ビーズマメ科内外種子毒性互生毒矢一端

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android