コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐檜・唐桧 とうひ

大辞林 第三版の解説

とうひ【唐檜・唐桧】

マツ科の常緑高木。深山に自生し、また庭木などとされる。樹皮は暗赤褐色。葉はやや平らな線形で裏面が白色を帯びる。雌雄同株。六月頃開花し、長楕円形の松かさを枝端につける。材を建築・器具・パルプなどに用いる。トラノオモミ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone