唐沢 光徳(読み)カラサワ ミツノリ

20世紀日本人名事典の解説

唐沢 光徳
カラサワ ミツノリ

明治〜昭和期の小児科学者 慶応義塾大学教授。



生年
明治11(1878)年10月20日

没年
昭和24(1949)年3月30日

出生地
東京・日本橋

別名
俳号=浜郎

学歴〔年〕
東京帝大医科大学〔明治35年〕卒

学位〔年〕
医学博士

経歴
明治44年東大小児科学教室講師、三井慈善病院小児科部長兼任。大正9年慶応義塾大学教授となり、小児科学教室を創設。昭和4年日本小児科学会が社団法人に組織替えした時、会長となった。また8年には小児保健研究会を発足させ、小児保健活動に尽力、小児病、特にジフテリア研究では世界的に知られる業績を残した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android