コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐竿(唐棹) からさお

世界大百科事典 第2版の解説

からさお【唐竿(唐棹)】

連枷(れんが),くるりともいう。大唐稲(インド型の稲)や麦,あるいは大豆などの脱穀に用いる。日本で文献に現れてくるのは元禄以降であるが,中国から伝えられたもので,名称の〈唐〉はそのことに由来している。回転脱穀機の出現以降少なくなったが,一部の地域では戦後しばらくまで使われていた。構造は,長さ1.5~2mの柄の先端に,長さ40~70cm,幅10cm程度の厚い板または鉄製のわくを,回転できるように柄と平行に取り付けたものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

唐竿(唐棹)の関連キーワード連枷

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android