唐織り・唐織(読み)からおり

大辞林 第三版の解説

からおり【唐織り・唐織】

中国から渡来した織物。また、それをまねて日本で織った織物。金襴きんらん・緞子どんす・綾あやなど。唐織物。
絹織物の一。三枚綾の組織の地に様々な色の絵緯えぬきを用いて花鳥・菱花などの模様を表した、刺繡ししゆうのように見える織物。
で仕立てた能装束。女装束の上衣。まれには公達きんだちにも用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android