唐織り・唐織(読み)からおり

大辞林 第三版の解説

からおり【唐織り・唐織】

中国から渡来した織物。また、それをまねて日本で織った織物。金襴きんらん・緞子どんす・綾あやなど。唐織物。
絹織物の一。三枚綾の組織の地に様々な色の絵緯えぬきを用いて花鳥・菱花などの模様を表した、刺繡ししゆうのように見える織物。
で仕立てた能装束。女装束の上衣。まれには公達きんだちにも用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android