コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯・只 ただ

大辞林 第三版の解説

ただ【唯・只】

〔「ただ(直)」と同源〕
( 副 )
他の物事は問題とせず、それだけに限定するさま。 「 -君だけが頼りだ」 「今は-無事を祈るしかない」 「 -勉強ばかりしている」
数量の少ないことを強調する語。たった。わずか。 「 -一つだけお願いがあります」 「泣き言は-の一度も言わない」
(「ただ+動詞連用形+に+動詞」の形で)もっぱらその行為をするさま。ひたすら。 「馬のうへにて-ねぶりにねぶりて/更科紀行」
( 接続 )
前に述べたことについて、留保・注釈・条件などを付け加える語。ただし。もっとも。 「品質はいいと思う。-少し高すぎる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

唯・只の関連キーワードイケ面

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android