コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯・只 ただ

1件 の用語解説(唯・只の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ただ【唯・只】

〔「ただ(直)」と同源〕
( 副 )
他の物事は問題とせず、それだけに限定するさま。 「 -君だけが頼りだ」 「今は-無事を祈るしかない」 「 -勉強ばかりしている」
数量の少ないことを強調する語。たった。わずか。 「 -一つだけお願いがあります」 「泣き言は-の一度も言わない」
(「ただ+動詞連用形+に+動詞」の形で)もっぱらその行為をするさま。ひたすら。 「馬のうへにて-ねぶりにねぶりて/更科紀行」
( 接続 )
前に述べたことについて、留保・注釈・条件などを付け加える語。ただし。もっとも。 「品質はいいと思う。-少し高すぎる」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone