コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唱門師・唱文師・声聞師 しょうもんじ

大辞林 第三版の解説

しょうもんじ【唱門師・唱文師・声聞師】

中世、金鼓こんくを打ち経文を唱え、占いや曲舞くせまいを舞うなどして物乞いをした門付かどづけ芸人。身分は非人であるが、室町時代には興福寺に座が結成され、これに属する者は寺の権威によって他の雑芸者を支配した。江戸時代には乞食と同一視されるようになった。しょうもじ。ともじ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

唱門師・唱文師・声聞師の関連キーワード江戸時代室町時代しょう興福寺物乞い権威中世経文非人金鼓乞食

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android