商い船(読み)あきないぶね

大辞林 第三版の解説

あきないぶね【商い船】

商品を運ぶ船。商品を積み、各地を商売してまわる船。廻船。あきんどぶね。
近世、港に停泊中の船や河川を航行する船の乗客に飲食物を売る小船。淀川の食らわんか舟もその一種。煮売り船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android