商品(製品)のポジショニング(読み)しょうひん(せいひん)のぽじしょにんぐ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

商品(製品)のポジショニング

競合品との関係のなかで、自社商品のポジションを明確にすること。顧客がその商品をどのようなものと感じているか、その意識の中での位置づけを商品のポジションという。その顧客が感じる商品のポジションが、他のどの商品より自らのニーズに合っていると感じるように自社商品の特性を設計していくことを指す。通常、標的市場で対象とする顧客が持つニーズを捉え、自社商品が圧倒的に優位になるところか、他社商品の空白となっているところをねらってポジショニングを行う。また、顧客がその商品の特性を識別しやすいように、ブランドやネーミング、パッケージデザインなどを工夫していく。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報