喜多 六平太(14代目)(読み)キタ ロッペイタ

20世紀日本人名事典の解説

喜多 六平太(14代目)
キタ ロッペイタ

明治〜昭和期の能楽師(喜多流シテ方) 喜多流宗家(14代目)。



生年
明治7年7月7日(1874年)

没年
昭和46(1971)年1月11日

出生地
東京

旧姓(旧名)
宇都野

別名
初名=千代造,号=能心

主な受賞名〔年〕
文化功労者〔昭和28年〕,文化勲章〔昭和28年〕,東京都名誉都民〔昭和40年〕

経歴
明治12年喜多家を相続、15年「鞍馬天狗」の子方で初舞台を踏み、17年喜多流14代宗家を継承、27年14代六平太を襲名。大正4年大正天皇即位祝賀能で「羽衣」を務めた。昭和33年日本能楽会会員。戦後、文化勲章を受章、人間国宝にも選ばれた。38年引退。著書に「六平太芸談」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

喜多 六平太(14代目)
キタ ロッペイタ


職業
能楽師(喜多流シテ方)

肩書
喜多流宗家(14代目) 日本芸術院会員〔昭和22年〕,重要無形文化財保持者(能シテ方)〔昭和30年〕

本名
喜多 六平太能心(キタ ロッペイタノウシン)

旧名・旧姓
宇都野

別名
初名=千代造

生年月日
明治7年 7月7日

出生地
東京府(東京都)

経歴
旧幕臣・宇都野鶴五郎の二男に生まれる。母・まつは喜多流12代宗家能静の三女。明治12年喜多家宗家の養子となる。15年「鞍馬天狗」の子方で初舞台を踏み、17年喜多流14代宗家を継承、27年14代六平太を襲名。大正4年大正天皇即位祝賀能で「羽衣」をつとめた。12年関東大震災で東京・飯田町の喜多舞台、装束、伝書などを失う。のち四谷に舞台再建。18年能楽協会設立委員長を務める。20年戦火で四谷舞台を失う。戦後、22年日本芸術院会員、28年文化勲章受章、30年人間国宝に認定される。同年喜多能楽堂が完成する。33年より日本能楽会会員。38年引退。力強い謡と型による絢爛として変幻自在の演技、曲ごとの内容把握を示す理知的な芸風で知られた。代表的な舞台に「清経」「鷺」「景清」「鉄輪」など。著書に「六平太芸談」がある。

受賞
文化功労者〔昭和28年〕 文化勲章〔昭和28年〕 東京都名誉都民〔昭和40年〕

没年月日
昭和46年 1月11日 (1971年)

家族
祖父=喜多 六平太(喜多流12代目宗家 能静),養子=喜多 実(喜多流15代目宗家),孫=喜多 六平太(16代目)(喜多流16代目宗家),喜多 節世(能楽師)

伝記
昭和能楽黄金期―山崎有一郎が語る名人たち忘れ得ぬ人々 山崎 有一郎 著,三浦 裕子 聞き手亀谷 了 著(発行元 檜書店近代文芸社 ’06’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android