喜多 実(読み)キタ ミノル

20世紀日本人名事典の解説

喜多 実
キタ ミノル

昭和期の能楽師(喜多流シテ方) 喜多流宗家(15代目);元・日本能楽会会長。



生年
明治33(1900)年2月23日

没年
昭和61(1986)年10月2日

出生地
滋賀県大津市

学歴〔年〕
東京府立四中中退

主な受賞名〔年〕
芸術祭奨励賞〔昭和34年〕,日本芸術院賞〔昭和50年〕,勲三等瑞宝章〔昭和51年〕

経歴
明治38年6歳で喜多六平太の養子となり上京。昭和46年喜多流15代目宗家を継承。49〜60年日本能楽会会長。能楽界の知性派、進歩派といわれ、若い頃から「学生能」運動を起こしたり、土岐善麿と組んで新作能を発表。またベニスやパリの国際演劇祭に招かれ、初めて能楽を国際的に紹介した。50年芸術院会員。著書に「演能前後」「演能初心」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

喜多 実
キタ ミノル*


職業
能楽師(喜多流シテ方)

肩書
喜多流宗家(15代目),日本能楽会会長 日本芸術院会員〔昭和50年〕

生年月日
明治33年 2月23日

出生地
滋賀県 大津市

学歴
東京府立四中中退

経歴
後藤慎平の三男。兄は人間国宝の後藤得三。明治38年6歳で喜多流14代宗家・喜多六平太の養子となり上京。同年初舞台。大正14年以来、学生鑑賞能を開催し続けるなど、能の普及に尽力。昭和14年以降は、土岐善麿と共同で新作能運動を推進。新作能の作曲・上演は「顕如」(17年)、「夢殿」(18年)、「青衣女人」(18年)、「鶴」(34年)、「復活」(38年)など10数番に及ぶ。29年のベネチア国際演劇祭、32年のパリ文化祭に能楽団団長として参加、初めて能楽を国際的に紹介した。32年より日本能楽会会員。46年喜多流15代目宗家を継承。48年東京都品川区上大崎の旧喜多能楽堂を改築し、喜多六平太記念能楽堂として再建。49〜60年日本能楽会会長。50年日本芸術院会員。能楽界の知性派、進歩派といわれる反面、芸の伝承には厳正に忠実で、その端正な風姿と気迫ある芸風は多くのファンを魅了した。また多くの逸材を養成した功績は高く評価されている。著書に「演能手記」「演能前後」「演能初心」などがある。

所属団体
日本能楽会

受賞
日本芸術院賞(昭和49年度)〔昭和50年〕 勲三等瑞宝章〔昭和51年〕 芸術祭奨励賞〔昭和34年〕

没年月日
昭和61年 10月2日 (1986年)

家族
養父=喜多 六平太(14代目)(喜多流14代目宗家),長男=喜多 六平太(16代目)(長世 喜多流16代目宗家),二男=喜多 節世(能楽師),兄=後藤 夜半(俳人),後藤 得三(能楽師・人間国宝)

伝記
昭和能楽黄金期―山崎有一郎が語る名人たち 山崎 有一郎 著,三浦 裕子 聞き手(発行元 檜書店 ’06発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

喜多 実 (きた みのる)

生年月日:1900年2月23日
昭和時代の能楽師シテ方。喜多流15代目家元;日本能楽会会長
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜多 実の関連情報