喜多七太夫(九代目)

美術人名辞典の解説

喜多七太夫(九代目)

江戸後期の能楽師喜多流第九代。名は古能、健志斎と号する。八世十太夫親能の養子技芸に最も秀れ、研究にも努めて喜多流中興の人と称される。著書に『悪魔拂』『面目利書』などがある。文政12年(1829)歿

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android