コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多七太夫(九代目)

美術人名辞典の解説

喜多七太夫(九代目)

江戸後期の能楽師喜多流第九代。名は古能、健志斎と号する。八世十太夫親能の養子技芸に最も秀れ、研究にも努めて喜多流中興の人と称される。著書に『悪魔拂』『面目利書』などがある。文政12年(1829)歿

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

喜多七太夫(九代目)の関連キーワード間部詮房金剛流老女物般若坊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android