コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多六平太(14世) きたろっぺいた[じゅうよんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多六平太(14世)
きたろっぺいた[じゅうよんせい]

[生]1874.7.7. 東京
[没]1971.1.11. 東京
能楽師。シテ方。喜多流 14世宗家。幼名千代造。幕臣の宇都野鶴五郎を父に,12世宗家喜多六平太能静の三女を母とし,1880年喜多家の養子となり,翌 1881年宗家を継いだ。 1894年 14世六平太を襲名。号は能心。闊達自在の芸風の持主で,若いときから名人といわれ,流儀の再興に努めた。 1946年日本芸術院会員に就任。 1953年文化勲章を受章し,文化功労者にも選ばれた。 1955年重要無形文化財保持者 (人間国宝) に認定。著書に『六平太芸談』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

喜多六平太(14世)の関連キーワードおもなお雇い外国人[各個指定]芸能部門マズロー自由民権運動わが祖国阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫