コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多川歌麿(初代) きたがわ うたまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多川歌麿(初代) きたがわ-うたまろ

1753-1806 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
宝暦3年生まれ。鳥山石燕(せきえん)にまなぶ。版元蔦屋(つたや)重三郎にみいだされ,狂歌絵本で頭角をあらわす。寛政期に大首絵を美人画にとりいれ,独自の様式を確立する。文化元年「太閤五妻洛東遊観之図」が幕府にとがめられ入牢,手鎖の刑をうけ,文化3年9月20日失意のうちに死去した。54歳。本姓は北川。名は信実。字(あざな)は豊章。別号に石要,木燕,紫屋など。作品に絵本「画本虫撰(えほんむしえらみ)」,錦絵「婦人相学十躰」,肉筆画「更衣美人」など。
【格言など】予が筆料は鼻とともに高し(自らの画才を自慢して)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜多川歌麿(初代)の関連キーワードナポリ王国大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎大英博物館銚子醤油フランクリン(Benjamin Franklin)ラランド(Joseph Jérôme Lefrançois de Lalande)喜多川歌麿関元洲