コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多川歌麿(初代) きたがわ うたまろ

1件 の用語解説(喜多川歌麿(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多川歌麿(初代) きたがわ-うたまろ

1753-1806 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
宝暦3年生まれ。鳥山石燕(せきえん)にまなぶ。版元蔦屋(つたや)重三郎にみいだされ,狂歌絵本で頭角をあらわす。寛政期に大首絵を美人画にとりいれ,独自の様式を確立する。文化元年「太閤五妻洛東遊観之図」が幕府にとがめられ入牢,手鎖の刑をうけ,文化3年9月20日失意のうちに死去した。54歳。本姓は北川。名は信実。字(あざな)は豊章。別号に石要,木燕,紫屋など。作品に絵本「画本虫撰(えほんむしえらみ)」,錦絵「婦人相学十躰」,肉筆画「更衣美人」など。
【格言など】予が筆料は鼻とともに高し(自らの画才を自慢して)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

喜多川歌麿(初代)の関連キーワード羅城是一(3代)三鍼島富重関元洲樗雲特山中村重助(3代)平林東岳由良箕山

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone