コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多道矩

美術人名辞典の解説

喜多道矩

江戸前期の黄檗の画像作家「隠元かきの長兵衛」と伝える人物と思われる。隠元に従って渡来したとされる楊道真に学び、長崎に次いで黄檗山で制作し、隠元・木庵などの頂相を描いた。寛文3年(1663)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android